1. ウサギは完全な草食動物です。
    草を主食としていれば多くの病気には罹りにくくなります。チモシーなどの牧草が比較的入手しやすいためこれを主食とし、補助的に固形飼料(ペレット)を使うようにすると良いでしょう。
    固形飼料は無理に与える必要はありません。

  2. 牧草は食餌全体の50%以上になるよう与えてください。
    固形飼料(ペレット)は様々なものが販売されていますが、多くはまだ安心して与えられるフードとはなっていません。できるだけ高線維低カロリーの製品を選び、常に牧草が全食餌量の50%以上になるようにしましょう。

  3. 野草や野菜
    野草や野菜等も与えることができますが、与えても大丈夫なものなのかを必ず確認してください。ネギ、タマネギなどは与えないようにし、豆科の植物(クローバー、アルファルファ)などは多食すると病気になる可能性が高いので注意が必要です。タンポポはウサギが好きな野草の一つです。
  1. ウサギに良く認められる病気
    胃毛球症、臼歯の不正咬合、盲腸便秘、尿路結石、顔面の膿瘍などは多く認められますが、ほとんどの場合は牧草摂取の不足により発症します。逆に言うと、子ウサギの頃より牧草をしっかりと食べていればこれらの病気はかなり少なくなります。ただし、野菜類の多食は水分が多くすぐに満腹してしまうため、カロリーと線維の十分な摂取ができず痩せてしまうことがあるので注意が必要です。

  2. フンの状態に注意しましょう。
    ウサギは外見から調子の悪さを判断することが難しい動物です。特に病気の初期から中期には症状が認められない場合があります。そして、明らかに元気や食欲の低下が認められた時には相当に病気が進行している場合が多く、病院に来た時には手後れであることもあります。早期に病気を見つけるためには日頃から注意して様子を観察することが大切ですが、特にフンの状態はその時の体調を把握しやすいものです。元気そうでも食欲が落ちていればフンは小さくなり、数が減ります。そのような時には早めに相談してください。
  1. 雌の避妊手術 
    避妊手術をしていない雌は2才くらいから卵巣や子宮の病気にかかるといわれています。特に5才を過ぎる頃より腫瘍(子宮の癌など)になる確率が高くなります。子どもを生ませる予定が無ければ生後6ヶ月くらいでの避妊手術をお勧めします。

  2. 雄の去勢手術
    気が荒い、ケンカをするなどの場合には去勢手術をお勧めします。特に雄を複数で飼育されている場合には去勢手術をしなればケンカでお互いが怪我だらけになってしまいます。将来の睾丸腫瘍を予防するためにも手術は有効です。